HOME>特集>建売住宅と比較して自由度が高く予算調整をしやすい

目次

実は意外と安く建てられる

埼玉で家を建てるときに、建売より注文住宅を選択する人が増えてきています。注文住宅が優れているのは、オーダーメイドで自由度の高い住宅を建てられることにあります。注文住宅は高額だと長年思われてきましたが、実際は建売住宅とあまり変わりありません。その理由として価格帯に関しても、オーダーメイドで決められることがあります。例えば2,500万円以内に抑えたいのであれば、施工会社に伝えておけば調整してくれます。お金をかける部分、かけない部分を自分で決められるので価格調整は難しくありません。

こだわりを実現できる

家づくりにおいては誰しもこだわりを持っており、それを少しでも実現したいと考えているはずです。埼玉で注文住宅を選択する人が増えた理由には、こだわりの実現があります。例えば室内の段差を解消するためにバリアフリーを選ぶ、高齢者の移動を楽にするために平屋建てにする、などを自由に決められます。建売住宅ですとすでに完成した物件から選ぶことになるので、こだわりの反映が難しくなるわけです。こだわりを上手に反映させるコツは、こだわらない部分にはあまりお金をかけないことです。こだわりポイントの優先順位を明確に決めておけばうまくいきます。

広告募集中